mori.jpg森 麻季(ソプラノ) Maki Mori
 東京藝術大学、同大学院独唱専攻修了。高丈二氏に師事。文化庁オペラ研修所修了後、ミラノとミュンヘンに留学。プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクールをはじめ、多数の国際コンクールに上位入賞を果たす。ワシントン・ナショナル・オペラ「後宮からの逃走」でアメリカ・デビュー以来、ワシントン・ナショナル・オペラ、ロサンジェルス・オペラにおいて「リゴレット」「ホフマン物語」「こうもり」等に出演し成功をおさめる。・・・・・・・続きプロフィール全文
短いプロフィール
写真:Yuji Hori

2012年04月16日

掲載情報「ワシントンにてリサイタル大成功!」[2012.04]

ワシントンポストに批評が掲載されてました。
“Soprano Maki Mori at Terrace Theater, complementing the cherry blossoms”
http://www.washingtonpost.com/lifestyle/style/soprano-maki-mori-at-terrace-theater-complementing-the-cherry-blossoms/2012/04/05/gIQA7A16xS_story.html
posted by JapanArts at 11:48| CD発売情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

2011年12月森麻季“新譜発売情報!”

2011年12月21日発売!

生と死を見つめ、命の尊さを歌う。

森麻季 4つの最後の歌
AVCL25750Strauss.jpg
定価¥3,000
森麻季によるメッセージ

R.シュトラウス Richard Strauss (1864-1949)
4つの最後の歌(春/9月/眠りにつくとき/夕映えの中で)
明日/夜/解き放たれて/万霊節

リスト Franz Liszt (1811-1886)
おお、愛しなさい、愛しうる限り(愛の夢 第3番)/ローレライ/ペトラルカの3つのソネット(第104番「平和は見いだせず」/第47番「祝福あれ、かの日、かの月、かの年に」/第123番「私は地上に天使のような姿を見た」)

森麻季(ソプラノ)
新日本フィルハーモニー交響楽団、指揮:大勝秀也(4つの最後の歌)
ピアノ:山岸茂人
録音:[1]-[4]2010年4月15日 すみだトリフォニーホール
     [5]-[12]2011年8月13日&14日 秋川キララホール



涙の流れるままに
A HEALING COLLECTION
AVCL25749Best.jpg
定価¥3,000
曲目解説はこちら

[1]久石譲:Stand Alone - NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ
[2]服部隆之:アヴェ・マリア
[3]フォーレ:ピエ・イエス〜《レクイエム》より
[4]ペルゴレージ:サルヴェ・レジーナ
[5]ヘンデル:オンブラ・マイ・フ〜《セルセ》より
[6]ヘンデル:涙の流れるままに〜《リナルド》より
[7]モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
[8]バッハ:あなたがそばにいたら〜《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帖》より
[9]バッハ:愛ゆえに主は死にたもう〜《マタイ受難曲》より
[10]バッハ/グノー:アヴェ・マリア
[11]カッチーニ:アヴェ・マリア
[12]マスカーニ:アヴェ・マリア
[13]シューベルト:アヴェ・マリア
[14]フランク:天使の糧

外山雄三指揮NHK交響楽団 [1] / 大勝秀也指揮新日本フィルハーモニー交響楽団 [2][10][12][13] /
金聖響指揮オーケストラ・アンサンブル金沢 [3][9][14] / アンサンブル・レ・ボレアード(ヴァイオリン&リーダー:寺神戸亮) [5][6] / 山岸茂人(ピアノ) [8]、大竹くみ(オルガン)[4][7][11]
posted by JapanArts at 12:00| CD発売情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

『ave maria』 が発売されました!

2011年1月26日発売に『ave maria』が発売されました!
mori_ave_maria.jpg
困難なときにも、母のような大きな愛をもってマリア様が見守ってくださる。
音楽もマリア様のように、すべての人を幸せにするためにあるのだと私は信じています。
―森麻季

【曲目】
1 サンーサーンス:アヴェ・マリア
2 バッハ/グノー:アヴェ・マリア
3 服部隆之:アヴェ・マリア
4 モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
5 カッチーニ:アヴェ・マリア
6 ペルゴレージ:サルヴェ・レジーナ
7 ケルビーニ:アヴェ・マリア
8 ストラデッラ:教会のアリア
9 アルカデルト:アヴェ・マリア
10 クルデーリ:サルヴェ・レジーナ
11 メンデルスゾーン:主のみ前に心を静め(オラトリオ《エリア》より)
12 レーガー:マリアの子守歌
13 トスティ:アヴェ・マリア
14 シューベルト:アヴェ・マリア
15 マスカーニ:アヴェ・マリア
16 久石 譲:Stand Alone[NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部 メインテーマ]

森麻季(ソプラノ)
[1][4]-[13]大竹くみ(オルガン&編曲)
[2][3][14][15]大勝秀也指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団
[16]外山雄三指揮、NHK交響楽団
オーケストラ編曲:朝川朋之[2]、挾間美帆[14][15}
[録音]2010年4月14日[2][3][14][15]、5月15日[16]、8月31日&9月1日[1][4]-[13] 

avex-CLASSICS
★インターネットでの購入は、amazonタワーレコードHMV

posted by JapanArts at 14:04| CD発売情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

「ave maria」2011年1月26日発売

森麻季 『ave maria』 が2011年1月26日発売します!
avemaria1.jpg
定価 ¥3,000 AVCL-25719

[収録曲]※曲順未定
アヴェ・マリア(サン=サーンス)
アヴェ・マリア(バッハ/グノー)
アヴェ・マリア(シューベルト)
アヴェ・マリア(マスカーニ)
アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト)
アヴェ・マリア( カッチーニ)
サルヴェ・レジーナ(ペルゴレージ)
アヴェ・マリア( ケルビーニ )
教会のアリア(ストラデッラ)
アヴェ・マリア(アルカデルト)
サルヴェ・レジーナ(クルデーリ)
主のみ前に心を静め(メンデルスゾーン)
マリアの子守歌(レーガー)
アヴェ・マリア(トスティ)
アヴェ・マリア(服部隆之)

[ボ−ナストラック]
NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』
第2部 メインテーマ Stand Alone(久石譲)

posted by JapanArts at 19:15| CD発売情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「徹子の部屋」に登場

『トリノ王立歌劇場「ラ・ボエーム」にムゼッタ役で出演する森麻季が、人気の長寿番組「徹子の部屋」に出演致します。
オンエア:2010年7月14日(水)13:20〜13:55
テレビ朝日系列 「徹子の部屋」
トリノ王立歌劇場の話はもちろん、スタジオで“ムゼッタのワルツ”のアリアも披露。お見逃し無く!
posted by JapanArts at 13:09| メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

コンサート情報

トリノ王立歌劇場「ラ・ボエーム」(トリノ公演)出演のお知らせ
【Teatro Regio di Torino】

2010年5月26日(水) 20:00
2010年5月28日(金) 20:00
2010年5月30日(日) 15:00
http://www.teatroregio.torino.it/en
posted by JapanArts at 18:22| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

プロフィールをもっと知りたい!

出身:東京
趣味:スキー・水泳
posted by JapanArts at 11:29| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

mori.jpg森 麻季(ソプラノ)Maki Mori

 東京藝術大学、同大学院独唱専攻修了。高丈二氏に師事。文化庁オペラ研修所修了後、ミラノとミュンヘンに留学。プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクールをはじめ、多数の国際コンクールに上位入賞を果たす。ワシントン・ナショナル・オペラ「後宮からの逃走」でアメリカ・デビュー以来、ワシントン・ナショナル・オペラ、ロサンジェルス・オペラにおいて「リゴレット」「ホフマン物語」「こうもり」等に出演し成功をおさめる。アシュケナージ、小澤征爾、チョン・ミョンフン等の著名指揮者やウィーン・フィルのメンバー、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラ等国内外の主要オーケストラと共演を重ねる。
 古典から現代まで幅広いレパートリーを誇り、コロラトゥーラの類稀なる技術、透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛され、2010年は世界バレー開会式での独唱やNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部のメインテーマを歌うなど、まさしく日本を代表するオペラ歌手として常に注目を集めている。
 近年の主な活動としては、07年、ドレスデン国立歌劇場に『ばらの騎士』のゾフィー役でデビューを飾り、同歌劇場日本公演において再演、続いて同歌劇場室内管弦楽団の日本公演ソリストに迎えられ、いずれも高い評価を得る。08年、P.ヤルヴィ指揮フランクフルト放響、ドレスデン聖十字架合唱団日本公演、09年、新国立劇場「ポッペアの戴冠」、エディンバラ音楽祭「リナルド」、2010年イタリア・トリノ王立歌劇場「ラ・ボエーム」イタリアおよび日本公演に出演し、国際的な評価を高める。さらにウィーン・シュトラウス・フェス・ニューイヤー日本公演、ドレスデン聖十字架合唱団「メサイア」日本および台湾公演に出演。2011年、文化庁支援の舞台芸術共同プロジェクト「椿姫」公演を石川、新潟、富山、福井、兵庫の5都市で大成功させ各地で反響をよぶ。また、自らの企画として「愛と平和への祈り」コンサートシリーズをスタートさせる。
 最新CD「アヴェ・マリア」(エイベックス・クラシックス)をリリース。ワシントン・アワード、出光音楽賞、ホテルオークラ賞、安宅賞受賞。
オフィシャル・ホームページ http://www.makimori.com/

posted by JapanArts at 11:21| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

English Profile

mori.jpgMAKI MORI, Soprano
Born in Tokyo, Maki Mori initially studied piano and violin and then singing at the Tokyo National University of Fine Arts and Music, the Conservatory of Music Giuseppe Verdi in Milan and the Music College in Munich. She was recognized as one of the winners at  the Plácido Domingo’s World Opera Competition 1998 (Hamburg) and the International Singing Competition Orfeo 2000 (Hanover), she is also the recipient of many special prizes for operettas (from the Belvedere International Singing Competition in Vienna), Lied and the best interpretation of Bach.
She has performed at the Washington National Opera as Blonde in Die Entfürung aus dem Serail with Günter Missenhardt and the director Michael Hampe, as Gilda in Rigoletto with Haijing Fu conducted by Heinz Fricke, as Blumen Mädchen in Parsifal with Plácido Domingo and Matti Salminen, as Olympia in Les Contes d’ Hoffmann with Richard Leech, Andrea Rost conducted by Emmanuel Villaume, and as Adele in Die Fledermaus with June Anderson and Wolfgang Brendel, which received critical acclaim from The Washington Post and The Wall Street Journal and won the S&R Foundation’s Washington Award. She has performed also at the Los Angeles Opera as Sophie in Werther with Robert Alagna, Frederica von Stade and Kent Nagano.  She has sung such roles in Tokyo as Nannetta in Falstaff with Giorgio Morandi, Rosina in Il Barbiere di Siviglia, and Tytania in A Midsummer Night’s Dream. In 2005, she performed as Musetta in La Bohème with Giuseppe Sabbatini, Eva Mei conducted by Nicola Luisotti in May and performed as Gilda with the Sofia National Opera in November.  In 2007, she made debut at the Sächsische Staatsoper Dresden performing Sophie in R. Strauss’s “Der Rosenkavalier” in March, and performed the same role in Tokyo on the theatre’s Japan tour in November.  Her future engagements of opera include Rinaldo at the 2009 Edinburgh Festival and Musetta in La Bohème at the Teatro Regio di Torino in 2010.

In addition to performing with Domingo, Pavarotti and Carreras’s “The 3 Tenors” concert in Japan, as a soloist, she has sung Mozart’s Exsultate jubilate with Seiji Ozawa, Rudolf Barschai, David Robertson, Enoch zu Guttenberg and the Münchener Philharmoniker, Mahler No.4 with Gary Bertini and Myung-Whung Chung, Mozart’s Requiem with Vladimir Ashkenazy and NHK Symphony and Seiji Ozawa, Mahler No.8 with Gianandrea Noseda, Mozart’s Mass c-moll and Bach’s Mass h-moll with Wolfgang Gönnenwein at the Budapest National Theater, Adele, Vilia-Lied and Frühlingsstimmenwalzar in the New Year Concert with Peter Guth and the Strauss Festival Orchestrer Wien. She sang a solo recital at the Carnegie Hall, which was recorded live and released by avex.  In May 2006 she performed with Paavo Järvi and the Deutsche Kammerphilharmonie.  In 2007, she performed with Dresdner Kreuzchor and Dresdner Philharmonie in February, and performed with the Dresdner Kapellsolisten in Japan, all of which were highly acclaimed.  Her 3rd CD “Pie Jesu ~ with prayer” was released in 2008.
She performs widely with domestic and international orchestras, and is acclaimed everywhere she performs for her beautiful voice which has the high technique of coloratura and deep musicality. She is a remarkable international singer who is a representative of Japan.
posted by JapanArts at 12:32| English Profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。